PalloBox

ビジネス、プライベートごちゃまぜの随筆ブログ。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
mail form
ブクログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
文具と紙と暮らし市に行って来ました。
0


    3月30日から4月1日まではとにかくいろんなイベントが目白押しで分身できたらなぁと何度思ったことか。そんな時に限って土曜出勤だったりするんだよ….°(?д?。)°.
    東京ではコクヨハクで盛り上がっておりましたが関西も負けてはいない。神戸のKIITOで開催されていた文具と紙と暮らし市に最終日滑り込みました。

    はじめは1人で行く予定でしたが、たまたまスケジュールが合って以前あべのbase240でワークショップに参加してくれた方と2人で行ってきました。文具沼に引きずり込む、とも言えます。

    この手のイベントはどんどん参加者が増えているので朝イチで行った方がいいと思って仕事より早起きして行きました。結果としてはそんなに混んでなかったのですが(みんなお花見してたのかもしれない)ブースを見て回るだけですごい時間がかかったのでやっぱり早く来て正解でした。
    買い物もそうなんだけど、知り合いの出店者さんが結構多くていろいろお話しながら回ると大変時間がかかる(苦笑)



    関西ではレアなミニチュアぷんぷく堂もお目にかかれました!これ小学生が作ったんですって!
    写真を撮る時に屋根を開けてくれる櫻井さん。いい人。





    会場では飲食の販売も。
    特に文具BARの万年筆インクの色を再現したカクテルは飲んでみたかったの!

    あ、後このイベントはワークショップも多かったのが特徴的でしたね。やっぱりモノ消費からコト消費ってことなのでしょうか。

    ホジラジの公開収録もやってたんですが1人ではなかったので残念ながら聴くことが出来ず。小日向さんのえんぴつライブ気になってたんだけど…。まぁ後のオンエアで聴きましょう。

    それでは今回買ったモノたちをざっとご紹介!



    からほりにあります紙匠雑貨エモジさんの紙の詰め合わせいろどりかみ。限定のモノトーンラスト5つのトコロを慌ててゲットしました。



    こういうの弱いTOCONUTSさんの限定詰め合わせセット。



    こいつだけ生活感丸出し(笑)の大洋株式会社きになるニオイトリ。



    2巡目。どうしてもぽち袋は手を出してしまいますね。手帳社中さんのノートのぽち袋は実際にノートに使う紙で作られているそうな。花束のミニカードはぷんぷく堂さん。ネコのぽち袋は多分サクライカードさん。



    ワックスペーパー のワークショップをしてたオキナさん。家でできるキットも販売してたな。
    クラフト紙にエンボス加工がされているレターセットで、封筒が展開図のまま糊付けされていないのです。窓付封筒とかのアレンジを手軽に出来るようにとのことですが、まるで私の為に作られた商品みたい(笑)


    他にも後で買いに行きますって言って結局行かなかったトコロもあるのです(すみません)お金に余裕があればなぁ…。
    出店者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。物凄く楽しかったです。
    | 徒然日記 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    PalloBoxTimes2018年3月号公開しました。
    0


      http://p.booklog.jp/book/120876

      毎度おなじみ日常にささやかなサプライズをお届けしたいデジタルフリーペーパーPalloBoxTimes。
      今月もプチリニューアルしております。また新連載を始めてみました。そこではクイズ企画もありますので是非とも見てやって下さいませ。
      | 徒然日記 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      ナガサワステーショナリーショーに行ってきました。
      0


        今月は文具のイベントが多すぎて破産するんとちゃうかと心配している今日この頃です…。

        ともかく昨日神戸のさんちかで開催されておりますナガサワステーショナリーショーに行って参りました。
        お目当てはぷんぷく堂さんの三角定規ピアス。ツイッターで見てこれはヤバい!欲しい!となりました。

        ぷんぷく堂さんは千葉にある夜だけ開いてる文房具屋さんなんですが、関西のイベントにもちょいちょい来られています。しかしご本人にお会いするのは初めて。
        少しお話しただけでしたがとても素敵なお人柄でした。あんな人になりたいなぁ。関西にもファンはたくさんいるみたいです。



        三角定規ピアスは昔こんなの持ってたなぁと思うデザイン。骨董市で見つけたもので穴が空いてたからピアスに仕立てたとのこと。大体が蛍光色なのですが私は無色透明のものを選びました。もう大人なんで控えめに(^^;)



        こちらは封筒の折る前のヤツをメモにしたヤツです。(商品の発想がすごいよね)封筒の紙ってのはとても上等で裏抜けしない良い書き心地なのだそう。
        試し書き見せていただきましたが全員知ってる人でした(笑)



        更に大人の落書き帳を作るワークショップも。
        今は廃番になった便箋を半分に切った紙を50枚自由に選べます。



        私が選んだのはこちら。
        もしかしてチャイラー(茶色を偏愛する人)ですかと聞かれました(笑)
        私はこげ茶が好きなので茶色普及協会とはちょっと相容れないかもしれない…。



        ちなみに今回のラインナップでは茶色だけ上部にエンボスが入ってたんですよ。



        ぷんぷく通信もいただきました。そして気づく、月末もまた神戸でお会いするだろうなぁと…(^^;)

        テンション上がっていろいろお買い物しましたがクリアファイル貰えたしガラガラでドットライナー貰えたし(玉をすっ飛ばしてしまいましたが)良しとしましょう。
        | 徒然日記 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        読書の時間を作る。
        0


          ここ数年本の活動をしているクセに読書の時間が減ってきていて、どうしたものかと思っていました。
          全てはスマホが悪いんですけど。このブログをあまり書かなくなったのもスマホのせいです(^^;)

          まぁそうも言ってられない。そうしている間にも積読本が増えていきます。
          行動を変える為には環境を変えるべし。

          ということで、手帳に読書時間を書くコーナーを設けてみました。



          毎月本棚のイラストを描きまして、本を読んだら色を塗っていきます。本1冊が10分ということにしています。
          何冊読んだかというより読書の時間を確保するのが目的です。
          毎日見るものなので真っ白なのはさすがにツライと思うでしょうし、忙しさに読書を忘れてた!なんてこともなくなるかもしれません。
          読んだ本は下にパロさんがいるので吹き出しに。ぐーたら書店員設定です。(パロさん描くの久しぶり)

          ここのところ文房具関連の本が立て続けに出版されているのもあり、一応順調です。
          | 徒然日記 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          PalloBoxTimes2018年2月号公開してます。
          0


            http://p.booklog.jp/book/120032/

            毎度おなじみ日常にささやかなサプライズをお届けしたいデジタルフリーペーパーPalloBoxTimes。
            2月もなんとかギリギリで公開出来ました。

            今回はほぼ確定申告しかしてないので半分はその話です。後はずっとやりたいやりたい言うてたアレをとうとう始めた話…とか(^^;)
            よろしければ読んでやって下さいませ〜。
            | 徒然日記 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            あべのbase240で手帳オフ会やりますよー。
            0


              写真のは私が今使っている手帳です。
              去年からノートに手書きで手帳を書くようになってから開眼したみたいで、あれだけ挫折していた手帳が続いています。私なりにいろいろ工夫していますが、他の方の手帳の使い方も気になる…。
              ということであべのbase240で手帳オフ会をすることになりました。
              私の手帳見て見て!という方もこれから使う手帳に悩んでいる方も手帳に興味があるならばお気軽にお越し下さい。知識は要りません。私も市販の手帳についてはさっぱりです(苦笑)

              以下イベントページのリンクと詳細をそのまんま載せますー。

              http://twipla.jp/events/301960

              手帳に限らず、オフ会やイベントは週末開催が多いですが、平日の方が参加しやすい、そもそも週末は予定のやりくりが難しい、という方もあるんじゃないか?ということで、平日のオフ会開催という“スキマ産業”を始めてみたいと思います。

              初回なので、少人数でこじんまりと開催したいと考えています。
              手帳の使い方や工夫している手帳術、 手帳と一緒に使う文具のあれこれなど、 “同行の士”で平和に語り合えればと思います。

              日時:3月20日(火)19時〜21時(18時半〜受付開始)
              場所:あべのbase240(あべのベルタ地下2階)
              定員:8名(+主催者2名)
              参加費:500円(紅茶1杯付き)
              参加申込:上記のリンクより先着順で受付
              *申し込み後のキャンセルの場合は参加→不参加へ変更願います

              ※少人数の趣味的な集まりです。言うまでもないことかも知れませんが、参加者が安心して楽しく過ごすことができるよう、以下の行為は固く禁止いたします。
              ・会に無関係のセールス活動、ネットワークビジネス等への勧誘及び宣伝行為。
              ・宗教・政治活動及び勧誘・宣伝行為。
              ・セクハラ・ストーカー行為及びそれに準ずる行為。
              ・その他、主催者側で相応しくないと判断する行為。
              | 徒然日記 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              京都精華大学の卒業制作展に行って来ました。
              0


                実は在学中も含めると15年くらい皆勤で見に行っていることになります我が母校、京都精華大学の卒業制作展。
                例年ならば京都市美術館で開催されているハズなのですが、美術館が工事中の為初の学内展示です。

                京滋以外の美大芸大にはピンと来ないと思うのですが数年前までは京滋の美大芸大はみんな週替わりで美術館を使って卒展をしていたのですが、数年前から学内展示する大学が増えて今年はとうとうみんな学内になってしまいました。
                美術館展示の良さはアクセスと見やすさに尽きます。私が学内展示を嫌うのは、大体が山の中にある大学に行くだけでも大変なのに、展示を見て回るのも山登りに等しいからです。

                例に漏れず精華もそう。卒業生とは言え他の専攻の実習練なんか行かないから意外と迷います。建物も増えたり建て替えてたりしてるし。

                という事で毎年見に行ってる身としては正直見なくてもいいかなっていう専攻もあるので、ひとまず学食で腹ごしらえ。
                本当はカレーが食べたかったけど混んでたし(オープンキャンパスと同時開催だったので)カツ丼とサラダ390円。オープンキャンパス参加者はタダで学食食べられるのですが流石に教え子の引率でもないしちゃんとお金払いました(苦笑)

                初めは大学内でちょっと孤立している建物体育館へ。そこにはデザイン学部がまとめて展示されていました。
                なんで体育館?と思いましたが入ってすぐ納得。会場の感じが去年までの美術館展示まんまの構図です。
                それにデザイン学部の実習練って本当に学内の奥の奥にあるので体育館で助かったかもしれない…。

                その後昔駐輪場があった所にポピュラーカルチャー学部の建物が建ってて、ちらっと覗いてみたけどやっぱりよく分からない学部でしたな(^_^;)

                それから身内のテキスタイルへ。卒業生の先入観でいつも合評会している演習室で展示してるのかなーと思って扉を開けたら見事なバックヤード(苦笑)
                ちゃんとお客さんが入りやすい一階の糊置き場で展示してました。

                向かいの建物には昔マンガ学部が入っていましたが今は引っ越したのか版画の展示室になってました。卒展の為だけのものなのかもしれませんが。
                それから変わらぬ佇まいの日本画5号館(ここはいろいろウワサがあって建て替えられないかも)と隣の立体造形へ行って、戻って元2号館今は版画とかマンガとかアニメが入ってんのかな?の建物を通り抜けたら私の知らない本館。というコースを辿りました。
                身内にしか分からない話ですみません(^_^;)

                更に卒業後変わったところでは食堂2階が画箋堂ではなくファミマが入ってて!画箋堂は本館にでっかくなって移転してました。


                …作品の中身については一切書いてませんが、これは毎年見に行ってるからですよ。毎年同じような感想になるからです。
                ただ今回もおおっ!と思わせてくれた作品があったのは救いでした。じゃないとただの母校訪問ですからね(苦笑)

                久しぶりに母校へ行くのも良い機会でしたが、やっぱり学内展示はしんどい!京セラ美術館でも何でもいいから早く復活して欲しいです。
                | 展覧会レポート | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                PalloBoxTimes2018年1月号公開しました。
                0


                  http://p.booklog.jp/book/119437

                  密かに7年目に突入しましたPalloBoxTimes。今年から表紙のリデザインをして心機一転?あまり中身は変わってないのですがね(^_^;)

                  よろしければ見てやって下さいませ。
                  | 徒然日記 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  全てのねこと文具好きに捧ぐ。
                  0
                    評価:
                    福島 槙子
                    Pヴァイン
                    ¥ 1,890
                    (2017-12-15)
                    コメント:全ページかわいい。

                    本当は発売日から考えるときまじめ姫と文房具王子の前にレビューを書くべきでしたが、うだうだしてたらこんな時期に(>_<)
                    去年のことになりますが、文具プランナーの福島槙子さんが初の著書「まいにち ねこ文具」を出されました。

                    実はまきさんとは去年の秋から文通をしておりまして、毎回下さるお手紙がめちゃくちゃ女子力高いのです。この本もそう。全ページ女子力高い(笑)

                    内容はタイトルの通りまきさんの愛猫クッキー&あんこと共にカワイイねこ文具がたくさん紹介されているのですが、それだけではありません。
                    ねこが好きな文房具であったりねこを飼ってる人の為に文房具をどう収納すべきかといった飼い主目線の記事やどのねこが1番使われているかなんてコラムも充実。
                    更にオリジナルのねこ文具を作ろうのコーナーもあります。これを機に愛猫のオリジナル文具を作りたくなる人も多いのではないでしょうか。

                    まいにち ねこ文具は一部の書店では取り扱いがないのでご注意下さい。私も最初旭屋書店で予約しようとしたら出来なかったので。ジュンク堂書店やくまざわ書店では取り扱いがあるみたいです。
                    まぁ上のリンクからAmazonで買われるのが確実だと思います。

                    | 徒然日記 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                    #きまじめ姫と文房具王子 めちゃくちゃオススメです。
                    0
                      評価:
                      藤原 嗚呼子
                      小学館
                      ¥ 596
                      (2018-01-12)
                      コメント:文具好きの人にもそうでない人にもオススメです。じんわり来る。

                      この一年ですっかり文具好きの仲間入りを果たした私です。まぁそれを抜きにしてもこのマンガはとてもオススメです。

                      あらすじなんかは割愛しますが(とにかく買って読んでほしい)私がグッときたところをネタバレしない程度にご紹介します。是非読んで下記の内容を理解していただきたい。

                      まず私がハートを鷲掴みされたのが万年筆の会の2話。蜂谷先生がものすごく欲しがってたラピスブルーの刻印に気がついて伊勢崎先生の真意を伝えて返してあげるところがもう!(笑)
                      後個人的に私も年上好きなのでかの子先生の気持ちが分からんでもない…。

                      他は5話6話のノートの話はもう泣ける!!私も一応ものづくりしてる人間ですので勉強になったなぁ。
                      登場時はいかにも文具オタクな感じだった駒山君が段々人間味が出てくるのが良いですね。部屋で音楽聴きながら自分の心情と歌詞がシンクロしちゃって泣くとこなんか私もそんなんあるー!って思いました。
                      この話が好き過ぎてずっとケーキ食べたい衝動に駆られています…(^_^;)

                      後は7話で文具研のみんながかの子先生のPCに付箋貼りまくって謝るトコとかカワイイなコイツら…ってキュンとしましたし、8話のかの子先生の宝箱の中身、私もだいたい持ってた。

                      …はい、読んだ人しか分からないレビューはこれくらいにしておきます。
                      作者の藤原嗚呼子先生は、単なる文房具のウンチク漫画にしたくないとおっしゃっていて、見事にウンチクと人間ドラマが絡み合っています。アニメ化よりも月9のドラマになって欲しい!

                      近いうちもう一冊買ってあべのbase240に置きますので是非とも読んで下さい!

                      | 徒然日記 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                      このページの先頭へ