PalloBox

ビジネス、プライベートごちゃまぜの随筆ブログ。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
mail form
ブクログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< もりの一箱古本市2018 | main | 文通セレンディピティ2018。 >>
一箱古本市2018春の陣総括
0


    前の記事ではもりの一箱古本市について書きましたがこのGWは更に中之島まつりで一箱古本市にも出店しておりました。



    今回実行委員としてDMのデザインも手掛けていましたが出店した5日以外の日程は、もりの一箱古本市で売れてしまった豆本ガチャと読書感想文庫の補充に明け暮れてお手伝い出来ず。
    上の写真のようにダンボールにお絵描きして呼び込みをして下さってました。当日スタッフの皆様ありがとうございます。

    ラインナップがほぼ同じなのでとりあえず今回出た2つの一箱古本市の総括をして来年の参考にしようと思います。





    今回面白かったのが読書感想文庫。
    ぱっと見ではどの本か分からないように売るやり方は今までも文庫Xとか闇鍋文庫とかありましたが、読書感想文庫はその中間みたいな感じです。
    読書感想文だけを頼りに本を買っても良し、中身を確認して買っても良し。
    最初は実験的に始めてみたのでちょっとしか用意してなかったのですが、今回出た一箱古本市では読書感想文庫の本しか売れていません(!)
    人の書いた読書感想文、しかも手書きかつ飾り原稿用紙というのがウケたのでしょうか。飾り原稿用紙は文庫ではその良さを完全に殺してしまいましたが(ー ー;)
    本のラインナップではやはり本業の古本屋さんには敵いませんが、自分の読んだ本だけを売っている個人的な古本屋ならではの試みではあると思います。他の人にもやって欲しいです。なんなら原稿用紙用意しますよ。エモジさんの包紙ならハードカバーの本も大丈夫!



    ほんで去年から始めた豆本ガチャ。一回のイベントで大体10個くらい売れてるので今回もそれくらいかなーと油断しておりました…。
    中之島まつりではまさかの豆本ガチャ売り切れ!!ちなみに15個仕込んでました。特に中之島まつりはお客さんが必ずしも本目的で来ている訳ではないのでガチャの方がウケが良かったのでしょう。これも1つ勉強。

    選書に関しては、テーマを絞った方がいいと思ってアート、デザイン関係の本をメインに持って行ったのですがこの辺は撃沈しています。今後読書感想文庫を強化するならば小説をメインにするべきなんでしょうね。

    一応これでPalloBoxでの一箱古本市出店は一区切りついていますが、5月20日箕面の阪急桜井市場商店街に出没するとかしないとか。
    乞うご期待!
    | 徒然日記 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    スポンサーサイト
    0
      | - | 21:32 | - | - | - | -









      http://pallobox.jugem.jp/trackback/1457
      このページの先頭へ