PalloBox

ビジネス、プライベートごちゃまぜの随筆ブログ。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
mail form
ブクログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< PalloBoxTimes2018年1月号公開しました。 | main | あべのbase240で手帳オフ会やりますよー。 >>
京都精華大学の卒業制作展に行って来ました。
0


    実は在学中も含めると15年くらい皆勤で見に行っていることになります我が母校、京都精華大学の卒業制作展。
    例年ならば京都市美術館で開催されているハズなのですが、美術館が工事中の為初の学内展示です。

    京滋以外の美大芸大にはピンと来ないと思うのですが数年前までは京滋の美大芸大はみんな週替わりで美術館を使って卒展をしていたのですが、数年前から学内展示する大学が増えて今年はとうとうみんな学内になってしまいました。
    美術館展示の良さはアクセスと見やすさに尽きます。私が学内展示を嫌うのは、大体が山の中にある大学に行くだけでも大変なのに、展示を見て回るのも山登りに等しいからです。

    例に漏れず精華もそう。卒業生とは言え他の専攻の実習練なんか行かないから意外と迷います。建物も増えたり建て替えてたりしてるし。

    という事で毎年見に行ってる身としては正直見なくてもいいかなっていう専攻もあるので、ひとまず学食で腹ごしらえ。
    本当はカレーが食べたかったけど混んでたし(オープンキャンパスと同時開催だったので)カツ丼とサラダ390円。オープンキャンパス参加者はタダで学食食べられるのですが流石に教え子の引率でもないしちゃんとお金払いました(苦笑)

    初めは大学内でちょっと孤立している建物体育館へ。そこにはデザイン学部がまとめて展示されていました。
    なんで体育館?と思いましたが入ってすぐ納得。会場の感じが去年までの美術館展示まんまの構図です。
    それにデザイン学部の実習練って本当に学内の奥の奥にあるので体育館で助かったかもしれない…。

    その後昔駐輪場があった所にポピュラーカルチャー学部の建物が建ってて、ちらっと覗いてみたけどやっぱりよく分からない学部でしたな(^_^;)

    それから身内のテキスタイルへ。卒業生の先入観でいつも合評会している演習室で展示してるのかなーと思って扉を開けたら見事なバックヤード(苦笑)
    ちゃんとお客さんが入りやすい一階の糊置き場で展示してました。

    向かいの建物には昔マンガ学部が入っていましたが今は引っ越したのか版画の展示室になってました。卒展の為だけのものなのかもしれませんが。
    それから変わらぬ佇まいの日本画5号館(ここはいろいろウワサがあって建て替えられないかも)と隣の立体造形へ行って、戻って元2号館今は版画とかマンガとかアニメが入ってんのかな?の建物を通り抜けたら私の知らない本館。というコースを辿りました。
    身内にしか分からない話ですみません(^_^;)

    更に卒業後変わったところでは食堂2階が画箋堂ではなくファミマが入ってて!画箋堂は本館にでっかくなって移転してました。


    …作品の中身については一切書いてませんが、これは毎年見に行ってるからですよ。毎年同じような感想になるからです。
    ただ今回もおおっ!と思わせてくれた作品があったのは救いでした。じゃないとただの母校訪問ですからね(苦笑)

    久しぶりに母校へ行くのも良い機会でしたが、やっぱり学内展示はしんどい!京セラ美術館でも何でもいいから早く復活して欲しいです。
    | 展覧会レポート | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:10 | - | - | - | -









      http://pallobox.jugem.jp/trackback/1448
      このページの先頭へ