PalloBox

ビジネス、プライベートごちゃまぜの随筆ブログ。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Facebook
ブクログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 151人展の交流会。 | main | 川西空想書店 autumn。 >>
ヒノコcaféでの一箱古本市。
0


    あ、もう1週間経ってしまいました(苦笑)

    私PalloBoxは10月9日京都は寺町二条にありますヒノコcaféさんの二階にて一箱古本市に出店しておりました。

    一箱古本市に出店するのは今回で二回目ではありますが、前回はワークショップの添え物だったので本格的に本屋さんするのは初めてですかね。
    本のラインナップはだいたいPHP文庫の雑学モノが多いです。寝落ち用の本という感じで(笑)



    そして端っこの方では密かに豆本ストラップガチャもスタンバイ。
    これの制作の様子はTwitterにちょくちょくあげてたので前評判が良かったんですが、皆様ホンモノを見ると思ったよりちっちゃい、というリアクション。うん、分かってたよ(笑)

    本当は私ももっと大きい豆本を作りたかったですよ。1?のガチで豆サイズにしないといけなかったのはガチャがキャンディマシンだから。300均で買った元々?貯金箱のやつ。
    お客さんも何人かやっていただいたのですが(ちなみに一回100円)やりにくかったみたい(泣)
    うーんもっと良いガチャマシンないかなー。本物を手に入れることを出来ないことはないんですがあれだとデカイから持ち運びが大変なのです。

    まぁそれはともかく本の売り上げは、何冊か売れたものの赤字でありました。(別にこれで利益を出すつもりはないのですが)
    本当は他の箱主さんの本もいろいろ堪能したかったのですが売った本以上に買ってしまいそうで(苦笑)かーなーりガマンしてました。箱主あるあるでしょこれ!

    ほんで私がボケーっとしてる内に何人かの箱主さんがお客さんの呼び込みをしてくれてたみたいで、すごい助かりました。もうちょい周り見て動けば良かったな。



    一箱古本市が終わった後は、箱主さんたちによる茶話会でございました。
    右上のドングリの形したやつがコーヒーの入った器。めっちゃかわいいけどお値段はそれなりにありました(ーー;)

    茶話会の時にも言ったのですが、今回私が持ってきた本ってだいたい古本屋にありそうな本ばかりなのです。
    こういう古本市の醍醐味って思ってもない本に出会えることだと思うので、次はそういう本も何冊か入れていこうと思います。

    次は22日川西空想書店に出ますよ!よろしくお願いしますm(_ _)m
    | 徒然日記 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    スポンサーサイト
    0
      | - | 13:49 | - | - | - | -









      http://pallobox.jugem.jp/trackback/1412
      このページの先頭へ