PalloBox

ビジネス、プライベートごちゃまぜの随筆ブログ。

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
mail form
ブクログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
みんなで作る古本市。
0


    今日は箕面の桜井市場で開催されておりました、Culture market in 桜井市場でのみんなで作る古本市に参加してきました。

    いつも一箱古本市ならば自分で店番をしないといけませんが今回のは本を預けるだけ。しかも何時から来てもいいし、何冊からでもOKで、参加費も手数料もなし。なんて素晴らしい企画なんでしょう(笑)大吉堂さん、ありがとうございます。



    私は今回数冊だけに留めたのでどうせなら全部読書感想文庫にしてしまえ!とこんな感じになりました。

    参加しやすいように企画されているので、普段一箱古本市にも出したことがないような方もたくさん参加されていて、本のラインナップがなんかいつもと違って面白かったです。
    | 徒然日記 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    文通セレンディピティ2018。
    0


      事前告知をほぼしないままGWを駆け抜けていきました(苦笑)物語する芸術祭inからほりでの文通セレンディピティ。

      去年もやらせていただきましたが反省も踏まえて今年はいろいろ変えてみました。
      先ずはレターラックの数を3つにしてそれぞれに手紙のテーマを設けました。



      紙匠雑貨エモジさんでは「からほりお気に入りスポット」。今年も手紙を書くスペースを作らせていただきました。



      萌の階段側には「からほりオススメグルメ」。ここは残念ながら手紙なしでした。美味しいお店教えて欲しかったな…。



      練のフリーペーパー置き場には「からほりとっておきトリビア」。このテーマはハードル高いよなと自分でも思いました…。
      しかも唯一風が吹き荒ぶ場所だったのでご迷惑をおかけしちゃったみたいです…(ー ー;)
      手紙は入っていましたが公開NG。残念。



      封筒も改良しました。宛名と差出人の名前を明確にしてどの返信かを分かりやすくしたり、1番下の公開していいかどうかの所がとても大切。去年これを聞かなかった為にとても苦労しましたのでね。

      それでは公開OKの手紙をご紹介します!
      ちょっと画像が悪くて字が読みづらいかもしれません…。





      お気に入りスポット問いかけの返信が石畳っていうのいいですねー。



      確かにスタンドそのだはいつも人でいっぱいな気がする。
      こちらのお手紙には返信をいただいてますが公開NGでした。達筆だったしこのまま手紙のやり取りが続いたら楽しいだろうに…とやきもき。

      しかし今回皆様が使った飾り原稿用紙が全部躑躅鑑ですね!いや季節的にはぴったりなんですけど。

      参加して下さった皆様ありがとうございました。また来年も物語する芸術祭があるのなら続けていきたいと思います。
      | 徒然日記 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      一箱古本市2018春の陣総括
      0


        前の記事ではもりの一箱古本市について書きましたがこのGWは更に中之島まつりで一箱古本市にも出店しておりました。



        今回実行委員としてDMのデザインも手掛けていましたが出店した5日以外の日程は、もりの一箱古本市で売れてしまった豆本ガチャと読書感想文庫の補充に明け暮れてお手伝い出来ず。
        上の写真のようにダンボールにお絵描きして呼び込みをして下さってました。当日スタッフの皆様ありがとうございます。

        ラインナップがほぼ同じなのでとりあえず今回出た2つの一箱古本市の総括をして来年の参考にしようと思います。





        今回面白かったのが読書感想文庫。
        ぱっと見ではどの本か分からないように売るやり方は今までも文庫Xとか闇鍋文庫とかありましたが、読書感想文庫はその中間みたいな感じです。
        読書感想文だけを頼りに本を買っても良し、中身を確認して買っても良し。
        最初は実験的に始めてみたのでちょっとしか用意してなかったのですが、今回出た一箱古本市では読書感想文庫の本しか売れていません(!)
        人の書いた読書感想文、しかも手書きかつ飾り原稿用紙というのがウケたのでしょうか。飾り原稿用紙は文庫ではその良さを完全に殺してしまいましたが(ー ー;)
        本のラインナップではやはり本業の古本屋さんには敵いませんが、自分の読んだ本だけを売っている個人的な古本屋ならではの試みではあると思います。他の人にもやって欲しいです。なんなら原稿用紙用意しますよ。エモジさんの包紙ならハードカバーの本も大丈夫!



        ほんで去年から始めた豆本ガチャ。一回のイベントで大体10個くらい売れてるので今回もそれくらいかなーと油断しておりました…。
        中之島まつりではまさかの豆本ガチャ売り切れ!!ちなみに15個仕込んでました。特に中之島まつりはお客さんが必ずしも本目的で来ている訳ではないのでガチャの方がウケが良かったのでしょう。これも1つ勉強。

        選書に関しては、テーマを絞った方がいいと思ってアート、デザイン関係の本をメインに持って行ったのですがこの辺は撃沈しています。今後読書感想文庫を強化するならば小説をメインにするべきなんでしょうね。

        一応これでPalloBoxでの一箱古本市出店は一区切りついていますが、5月20日箕面の阪急桜井市場商店街に出没するとかしないとか。
        乞うご期待!
        | 徒然日記 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        もりの一箱古本市2018
        0


          4月29日、去年も参加していましたがもりのみやキューズモールにて開催されているもりの一箱古本市に出店していました。

          今回は選書にものすごく苦労しました。他の箱主さんみたいにテーマを絞った方がいいのかなとアートにしてみたものの、本がでかくなったのでそんなに持って行けない…。まぁ今まで出店して売る本が減ったのもあるんですけど。



          今回新たな試み「読書感想文庫」。飾り原稿用紙に読書感想文を書いてブックカバーにしてみました。



          飾り原稿用紙の良さを見事に殺しているのは分かっています…(ー ー;)
          加工して飾り枠を見せようかとも思ったのですが、切り貼りするのもなんかなぁ…と思い直しました。どうせお買い上げされたお客様は読む時カバー取るだろうしその時飾り原稿用紙に気付いてくれたらOK。(まぁ接客の時点でめっちゃ飾り原稿用紙の説明しましたけどね)

          それで凄いことに、本はこの読書感想文庫からしか売れておりません。
          おまけ程度の品揃えだったからびっくりしました。



          やはり1番売り上げが良かったのが豆本ガチャ。売り切れ寸前までいきました。
          これですんなり動作してくれたら1番良かったのに。

          去年出店していた方々はどっぷり昭和町の方へ行っていたので初めましての方が多く、また古本界隈の人脈が広がって嬉しかったです。

          そして!次回は5月5日の中之島まつりで一箱古本市。
          慌ててガチャの豆本補充しないと!
          | 徒然日記 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          PalloBoxTimes2018年4月号公開しました。
          0


            http://p.booklog.jp/book/121314

            忙しいけどなんとか公開できましたPalloBoxTimes。
            新連載も好評なようですので頑張っていきますー。是非ともご覧くださいませ。
            | 徒然日記 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            文具と紙と暮らし市に行って来ました。
            0


              3月30日から4月1日まではとにかくいろんなイベントが目白押しで分身できたらなぁと何度思ったことか。そんな時に限って土曜出勤だったりするんだよ….°(?д?。)°.
              東京ではコクヨハクで盛り上がっておりましたが関西も負けてはいない。神戸のKIITOで開催されていた文具と紙と暮らし市に最終日滑り込みました。

              はじめは1人で行く予定でしたが、たまたまスケジュールが合って以前あべのbase240でワークショップに参加してくれた方と2人で行ってきました。文具沼に引きずり込む、とも言えます。

              この手のイベントはどんどん参加者が増えているので朝イチで行った方がいいと思って仕事より早起きして行きました。結果としてはそんなに混んでなかったのですが(みんなお花見してたのかもしれない)ブースを見て回るだけですごい時間がかかったのでやっぱり早く来て正解でした。
              買い物もそうなんだけど、知り合いの出店者さんが結構多くていろいろお話しながら回ると大変時間がかかる(苦笑)



              関西ではレアなミニチュアぷんぷく堂もお目にかかれました!これ小学生が作ったんですって!
              写真を撮る時に屋根を開けてくれる櫻井さん。いい人。





              会場では飲食の販売も。
              特に文具BARの万年筆インクの色を再現したカクテルは飲んでみたかったの!

              あ、後このイベントはワークショップも多かったのが特徴的でしたね。やっぱりモノ消費からコト消費ってことなのでしょうか。

              ホジラジの公開収録もやってたんですが1人ではなかったので残念ながら聴くことが出来ず。小日向さんのえんぴつライブ気になってたんだけど…。まぁ後のオンエアで聴きましょう。

              それでは今回買ったモノたちをざっとご紹介!



              からほりにあります紙匠雑貨エモジさんの紙の詰め合わせいろどりかみ。限定のモノトーンラスト5つのトコロを慌ててゲットしました。



              こういうの弱いTOCONUTSさんの限定詰め合わせセット。



              こいつだけ生活感丸出し(笑)の大洋株式会社きになるニオイトリ。



              2巡目。どうしてもぽち袋は手を出してしまいますね。手帳社中さんのノートのぽち袋は実際にノートに使う紙で作られているそうな。花束のミニカードはぷんぷく堂さん。ネコのぽち袋は多分サクライカードさん。



              ワックスペーパー のワークショップをしてたオキナさん。家でできるキットも販売してたな。
              クラフト紙にエンボス加工がされているレターセットで、封筒が展開図のまま糊付けされていないのです。窓付封筒とかのアレンジを手軽に出来るようにとのことですが、まるで私の為に作られた商品みたい(笑)


              他にも後で買いに行きますって言って結局行かなかったトコロもあるのです(すみません)お金に余裕があればなぁ…。
              出店者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。物凄く楽しかったです。
              | 徒然日記 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              PalloBoxTimes2018年3月号公開しました。
              0


                http://p.booklog.jp/book/120876

                毎度おなじみ日常にささやかなサプライズをお届けしたいデジタルフリーペーパーPalloBoxTimes。
                今月もプチリニューアルしております。また新連載を始めてみました。そこではクイズ企画もありますので是非とも見てやって下さいませ。
                | 徒然日記 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                ナガサワステーショナリーショーに行ってきました。
                0


                  今月は文具のイベントが多すぎて破産するんとちゃうかと心配している今日この頃です…。

                  ともかく昨日神戸のさんちかで開催されておりますナガサワステーショナリーショーに行って参りました。
                  お目当てはぷんぷく堂さんの三角定規ピアス。ツイッターで見てこれはヤバい!欲しい!となりました。

                  ぷんぷく堂さんは千葉にある夜だけ開いてる文房具屋さんなんですが、関西のイベントにもちょいちょい来られています。しかしご本人にお会いするのは初めて。
                  少しお話しただけでしたがとても素敵なお人柄でした。あんな人になりたいなぁ。関西にもファンはたくさんいるみたいです。



                  三角定規ピアスは昔こんなの持ってたなぁと思うデザイン。骨董市で見つけたもので穴が空いてたからピアスに仕立てたとのこと。大体が蛍光色なのですが私は無色透明のものを選びました。もう大人なんで控えめに(^^;)



                  こちらは封筒の折る前のヤツをメモにしたヤツです。(商品の発想がすごいよね)封筒の紙ってのはとても上等で裏抜けしない良い書き心地なのだそう。
                  試し書き見せていただきましたが全員知ってる人でした(笑)



                  更に大人の落書き帳を作るワークショップも。
                  今は廃番になった便箋を半分に切った紙を50枚自由に選べます。



                  私が選んだのはこちら。
                  もしかしてチャイラー(茶色を偏愛する人)ですかと聞かれました(笑)
                  私はこげ茶が好きなので茶色普及協会とはちょっと相容れないかもしれない…。



                  ちなみに今回のラインナップでは茶色だけ上部にエンボスが入ってたんですよ。



                  ぷんぷく通信もいただきました。そして気づく、月末もまた神戸でお会いするだろうなぁと…(^^;)

                  テンション上がっていろいろお買い物しましたがクリアファイル貰えたしガラガラでドットライナー貰えたし(玉をすっ飛ばしてしまいましたが)良しとしましょう。
                  | 徒然日記 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  読書の時間を作る。
                  0


                    ここ数年本の活動をしているクセに読書の時間が減ってきていて、どうしたものかと思っていました。
                    全てはスマホが悪いんですけど。このブログをあまり書かなくなったのもスマホのせいです(^^;)

                    まぁそうも言ってられない。そうしている間にも積読本が増えていきます。
                    行動を変える為には環境を変えるべし。

                    ということで、手帳に読書時間を書くコーナーを設けてみました。



                    毎月本棚のイラストを描きまして、本を読んだら色を塗っていきます。本1冊が10分ということにしています。
                    何冊読んだかというより読書の時間を確保するのが目的です。
                    毎日見るものなので真っ白なのはさすがにツライと思うでしょうし、忙しさに読書を忘れてた!なんてこともなくなるかもしれません。
                    読んだ本は下にパロさんがいるので吹き出しに。ぐーたら書店員設定です。(パロさん描くの久しぶり)

                    ここのところ文房具関連の本が立て続けに出版されているのもあり、一応順調です。
                    | 徒然日記 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                    PalloBoxTimes2018年2月号公開してます。
                    0


                      http://p.booklog.jp/book/120032/

                      毎度おなじみ日常にささやかなサプライズをお届けしたいデジタルフリーペーパーPalloBoxTimes。
                      2月もなんとかギリギリで公開出来ました。

                      今回はほぼ確定申告しかしてないので半分はその話です。後はずっとやりたいやりたい言うてたアレをとうとう始めた話…とか(^^;)
                      よろしければ読んでやって下さいませ〜。
                      | 徒然日記 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                      このページの先頭へ