PalloBox

ビジネス、プライベートごちゃまぜの随筆ブログ。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Facebook
ブクログ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
文通セレンディピティ追記。
0
    物語する芸術祭が終わって約一週間後、とある方が文通セレンディピティのお手紙を書いて来て下さったので、追記でご紹介します。
    封筒と便箋を見ると私が用意したものだったので一度エモジさんにご来店された際に持って帰って書かれたみたいです。



    子どもの頃から夜更かししてしまい、朝が弱くて辛い、大人になっても直らない、というお話でした。

    残念ながら文通セレンディピティ自体は終わってしまったので、どなたかから返信が来ることはないので私で良ければここで簡単にお返事を。

    私も子どもの頃はよく眠れない夜があったのを思い出しました。私は一応夜10時には布団に入るのですが、寝つきはすごく悪かったです。
    休みの日は昼過ぎまで寝るというのも一緒です。このお手紙を下さった方はおいくつか分かりませんが、私は30歳を超えた辺りからそれがなくなりました。今は休日目覚ましをかけなくても9時には一回目が覚めます(苦笑)
    なのである程度歳をとると朝型になるかもしれませんよ。


    改めて文通セレンディピティに参加して下さった皆様、ありがとうございます。やっぱり手紙って筆跡が分かるしあたたかみがあって良いですね!
    | 徒然日記 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    夜は短し歩けよ乙女を見てきました。*ネタバレ注意
    0
      今日は達磨と林檎の日であります。
      4月7日から公開されています「夜は短し歩けよ乙女」を見て参りました。大いにネタバレを含みますのでご注意下さい。

      原作のファンである私なのであんまり期待値を上げないでおこうとは思っていましたが、姉妹作とも言える「四畳半神話体系」のアニメが原作に勝るとも劣らない出来であったので多少期待しておりました。

      結論を先に言ってしまうと、なんかもやもやしました。個人的な理由も多々ありますが。

      まずキャラ設定と声について。
      私のイメージと合ったのは学園祭事務局長、東堂さん、先輩ですかね。樋口さん羽貫さんは四畳半にも出てたので割愛。
      しんどかったのが乙女ちゃんの声が、余り関わりたくない知ってる人にめっちゃ似てたところです。アニメ声は苦手だけどもっとカワイイ声にしてくれたら良かったのに。
      パンツ総番長の声は良かったけどビジュアルがツライ。惚れた腫れたの話なんだからもうちょっと柔らかいビジュアルにしといて欲しかったな…。
      ナスとかキュウリのようとかいう顔の描写が出てくるので原作に忠実だとああなるのでしょうが、個人的にはコミックス版のビジュアルが安心します。

      そして内容。
      映画なので一夜で春夏秋冬全部回るというかなり強引な設定。なので端折られる部分があるのは致し方ないことですが、変なところを繋げてたりしてうーんとなりました。
      春と夏と冬はまぁ短い中で上手く纏めたかなと思われます。
      しかし秋の学園祭は1番変えて欲しくなかったところを変えているのです。

      パンツ総番長が1年前の学園祭で恋に落ちた相手が紀子さんでなく、女装した学園祭事務局長という最悪な改変。
      紀子さんはパンツ総番長への恋心を秘めた劇団員になってました…。
      別に象の尻を出せと言うわけではないのですが、林檎が頭の上をを跳ねた瞬間お互い恋に落ちてそれぞれが向こうの話した内容を手掛かりにお互いを探すってのがいいのではないですか。そこ変えたらいかんでしょ。
      変に設定変えたもんだからいきなりパンツ総番長が急に紀子さんを好きになったりして(しかも今更ながら東堂さんトコの鯉が降ってくる)帳尻合わせ感がハンパない。
      更に、私はミュージカルが苦手であります。偏屈王はミュージカルになってました(ーー;)あれが普通の劇だったらもっと尺取れたんじゃないの?

      個人的に気に入った細かいところは、四畳半の片鱗が見え隠れしていたところです。もちぐまが一瞬だけ出てたり、ニセ城ヶ崎も出たし(ニセ香も)例のクライミングが学園祭の出し物になってたり…。
      羽貫さんの家も四畳半の時のだったかな?

      更に!一瞬だけだったし走れメロスを読んでないと分からないけど、学園祭事務局長が桃色ブリーフを着用してた…(ーー;)
      このネタは細かすぎて伝わらないかも(苦笑)

      映画じゃなくて四畳半みたいに普通のアニメだったら良かったのになーなんて思ってしまいます。
      やはり原作好きは映画を好きになるのが難しい。
      | 徒然日記 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      物語する芸術祭、ありがとうございました!
      0


        4月15日から5月7日まで3週間に渡り開催されていた物語する芸術祭、無事に終了いたしました。
        私のプログラム文通セレンディピティも何とか無事?終わりました。参加していただいた皆様本当にありがとうございました。

        ルールの説明の仕方とか、手紙の分け方とか、SNSの活用とか課題は山積していたのですが何分初めての試みですのでご勘弁下さい。


        意外にも遠方から来られた方が多くて、書いた手紙の返信が気になるけど見に来られないという方がいらっしゃって、でも手紙をそのままアップするのは抵抗があるし。ご本人に了承を得られたらいいけど私が居ない間に書かれた手紙もある…。
        ということで、文面を載せるのではなくざっくりとどのような手紙が書かれたのかご紹介したいと思います。



        まず1番返信された手紙が多かった「緑が好き」な方々の手紙。
        緑と言えば何を思い浮かべるかという問いかけに対して、植物や茶畑などと答えられていました。緑を仕事のイメージカラーとして使っている方や緑が好きだけど占いでアンラッキーカラーだと言われた方など関わり方も面白いです。



        これは私が書いた手紙ですが、1通お返事いただけました。
        東京から旅行に来られたペン派の方で、紙派のお連れさんが商品を見ている間に自前のペンで書かれたとか。



        この切り口が斬新だなと思った手紙です。確かにこの企画、人様の手紙を読みますものね。
        背徳感みたいなものがあって緊張するというお返事がありました。



        これは似たようなテーマがあったので返信がそっちへ流れてしまいました。
        しかしオススメのお店を教えてくれたりしててお得な手紙だと思います。



        この手紙は…摑みどころのない詩のような内容なのでちょっと要約できないです…。



        これはキュンキュンする!恋だって恋!
        返信含め3人が書かれているのですが、お三方共1番楽しい時なんじゃないでしょうか。…いいなぁ。(つい出た本音)



        返信が多くて嬉しかったのが初めてからほりに来られた方への手紙。
        最初に手紙を書かれた方のからほりに対する愛情がひしひしと伝わって来ます。
        返信して下さった方はお2人で、ネットやSNSで情報を集めて来られたそうな。遠方から来られてご自分の住んでる所の事を書いてるのも共通しています。…なんかすごい。



        最後はこちら。私が最初に書いた手紙です。
        他のプログラムに出ている方からの手紙もありました。(どなたかは分かりました。ありがとうございます)
        そしてなんと!この文通セレンディピティを目的に来て下さった方が!!めっちゃ嬉しいです。
        知らない人に手紙を書くのは不思議な気持ち、私ではない私がペンを持っているカンジだと書かれています。
        もう一方は芸術祭を知らずワンちゃんのお散歩中に寄って下さった方。
        どちらも「楽しかったありがとう」と文末に書いて下さって、ホンマに泣きそうになりました。この企画やって良かった。

        分かりにくいところも多々あったことと思いますが、手紙を書いて下さった方々、読んで下さった方々ありがとうございました。
        もし自分が書いた手紙の返信内容を詳しく知りたいという方は私の方までご連絡下さい。

        そして何より3週間もの長きにわたってお店の一角を貸していただいた紙匠雑貨エモジさん、ありがとうございます。
        | 徒然日記 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        物語する芸術祭in空堀に出展します。
        0


          http://karahorimonoart.strikingly.com

          また楽しそうなイベントが空堀で行われますよ。
          「物語」は私たちに色々なことを教えて、気づかせてくれます。
          遥か昔の神話や寓話から、近代の小説、詩や歌、そして思い出話まで。
          こういった物語を「つくる/編む/楽しむ」というような3つの関わり方からまちを舞台にして体感してもらうことで、本を読むだけでは得られない、物語の新しい楽しみ方を提案するイベントです。

          ということで、私PalloBox北川聖子は「文通セレンディピティ」という企画を致します。

          セレンディピティ(serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることです。



          見知らぬ誰かと文通を。
          置いてある手紙に返信しても良し、新しく誰かに手紙を書いても良し。手紙を通じて偶然の繋がりや物語が生まれたら楽しいなと思っています。

          紙匠雑貨エモジさんの2階、今は御朱印帳が並べられているこの場所に便箋と封筒、筆記用具とレターラックを置かせていただきます。

          参加の仕方は3通り。
          ・何かをテーマに誰かに向けた手紙をしたためます。封筒には「○○の人へ」と書いておきます。
          ・レターラックにある手紙に返信します。封筒には「○○の人より」と書いておきます。
          ・レターラックに置いてある手紙を読んで楽しみます。

          置いてある便箋と封筒を持って帰って書いてもいいですし、自前のものを使ってもいいです。
          SNSのアカウント名などを書いてもいいですが、不特定多数の方に読まれますのでご注意下さい。

          そんな感じで、本のイベントなのに文房具全開の企画となっております(苦笑)
          開催期間は4月16日(日)から5月7日(日)紙匠雑貨エモジさんの営業カレンダー内での展示となります。
          私がお店にいる時は外に机を出して展示する予定です。

          よろしければふらりとお立ち寄り下さいませ。
          | 徒然日記 | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          こどもブックフェスタありがとうございました!
          0


            今日は堺市にあります大型児童館ビッグバンで開催されていたこどもブックフェスタでコロコロアニメのワークショップをして参りました。



            今回から誰でも簡単に組み立てる事が出来るスターブック型を採用。アニメのコマ用紙に色を塗ってスターブックに両面テープで貼るだけになりました。

            ワークショップを体験せずにキットだけお持ち帰りしたお客様もいらっしゃるのでちょっと作り方の手順を書きますね。





            まずはアニメのコマ用紙に色を塗って切り離します。



            スターブックには既に両面テープが貼ってありますので剥離紙をめくってコマ用紙を貼っていきます。



            1番最初のコマを下に、それから上へと貼っていきます。
            コマ用紙の上下の端とスターブックの端をきっちり合わせてください。





            後はマジックテープをくるっとひっくり返して留めたら出来上がりです。車輪を付けると平たい所でも転がせます。



            そんな感じでやってました。実際にこんな感じのものですって説明するとすごいすごいとリアクションがあったのですが思ったより体験する人は少なかったかな。
            多少簡単になったもののワークショップは時間がかかるのでビッグバン目的のお客様はちょっとつらいですよね…。

            今回同じくデビューしたガシャポンマシン。中には豆本ストラップが入っています。
            どうやらコインを落としながらダイヤルを回さないといけない仕組みらしく、投入口にコインが入りにくい感じです。しかしこれは私には改良しようがないですね〜。


            まぁ私のトコロはいいとしてこのイベントはこども店主の古本市もありまして、プロの古本屋さんに囲まれながらも一生懸命声かけして必死に接客している姿は心打たれました。
            これはこのイベントならではの光景ですね。

            ご来場くださった皆様ありがとうございました。
            私PalloBoxはこれから次のイベントの準備にかかります(苦笑)
            | 徒然日記 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            こどもブックフェスタの告知をします!
            0


              もう1週間前を切ってしまったので慌てて告知しますね(苦笑)

              こどもブックフェスタ〜こどもとおとなと本とあそびと〜 3月19日(日)11:00〜16:00 大阪府立大型児童館ビッグバン(泉北高速鉄道・泉ヶ丘すぐ) 本が好きな人も本を読まない人も子どもも大人もみんなで楽しむ本の祭典!

              今回私はコロコロアニメのワークショップをやります。



              今まではただコピー用紙をセロテープで繋げただけのものでしたが、今回からはスターブック型になります。



              スターブック自体はもう作ってあるのです。レトロな柄の折り紙を表紙にしています。お好きな柄を選んで作れます。

              肝心の中身は今作っておりますが、以前私が出したコロコロアニメのほんからアレンジする予定です。

              そしてワークショップとは別にとあるモノも用意する予定です。ヒントは去年一箱古本市に持って来てたモノのちゃんとしたやつ。

              イベントは他にも古本市(こどものも大人のも)や本屋さん体験が出来たりなど盛りだくさんですよ。

              是非ともお越しくださいませ( ´ ▽ ` )ノ
              | 徒然日記 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              ARTる!Blackに出展します。
              0


                2月26日から3月4日まで谷町六丁目にあるギャラリーそらさんにて開催されるARTる!に今年も出展します。

                去年は技法別に作家さんを集めてましたが、今年は色。しかも普段使わない色をメインにするという試みなのです。
                私は特に色の縛りはないのですが(むしろ全てにおいて縛りはない…)前々からデッサンやりたいなーと思っていたのでBlackで出てみました。



                しかしデッサンて基礎だから画力に誤魔化しがきかなくて搬入の時は結構ドキドキしました。制作中は自分の画力の衰えを痛感していたので…。

                美大受験を経験した方は、あー、こんなん描いた描いた(笑)と懐かしんでいただけると思います。

                他の方の作品も面白いので是非ともお越しくださいませ。
                私は初日と最終日のお昼間ふらりといると思われます。
                | 制作日記 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                干支一周。
                0


                  今年もやってきました。我が母校、京都精華大学の卒業制作展。
                  京都市美術館と京都国際マンガミュージアムと大学の3会場に分かれていますが、最近ではめんどくさいので美術館のみ見に行ってます。

                  個人的には新しくできたポピュラーカルチャー学部の卒制も見てみたかったけど、大学は遠いんだよ(ーー;)
                  昔みたいに各会場をシャトルバスで移動出来るならいいけどもうやってないみたいだし。

                  毎年作品制作の刺激を得るべく見に行ってはいるものの、毎年行ってるから段々新鮮味がなくなるんですよね。
                  特に2011年以降そう思うようになりました。仕方ないのかな?

                  今年も結論から言っちゃうと、良い作品もあったけど私がやられた!と悔しがるような作品はなかったかなーと思います。



                  悲しきことに我がテキスタイルは私の頃よりも展示面積が半分になってました…。
                  織は良い作品ありましたけど染めはもうちょっと頑張って欲しい。特に先生の作風まんまのやつがあって大丈夫か?と思ってしまいました。(師事してると多少作風が似てくることはありますけど)

                  まぁ今染織やってない私が言えることではないですけどね。


                  しかし…毎年思ってるけど、今年で大学卒業して12年か…。干支一周してもうてるがな(苦笑)
                  | 展覧会レポート | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  初詣&高津神社のとんど祭り。
                  0


                    年末年始の休み中はずっと実家にいたので初詣に行ってなかったのですが、せっかくの3連休なので家の掃除もそこそこに(おい)出かけてみました。

                    始めはウチのマンションの隣にあります榎神社。引っ越してもう3年近くになるのに1度もお詣りしてなかったのでその辺のお詫びとご挨拶に。
                    小さいお社なので榎大明神だけお祀りしてるのかと思いきや、他にも2、3お社が。そんなに御賽銭ないので軽くご挨拶するに留めました。

                    その後は谷町九丁目の高津神社へ。
                    今日はちょうどとんど祭りをやっていました。毎年存在は知ってるけど来るのは初めて。
                    高津神社は昔からほりまちアートに参加していた頃から交流会などで度々お世話になっていて、今年はその辺の関わりを持ってちょうど10年になります。

                    とりあえずお詣りを済ませてから古いお守りのお炊き上げ。いつもは別のところで渡すだけだったのですがここは直接火の中に投げ入れるんですねぇ。ちょっと抵抗があります…。

                    そしてこの高津神社は宝くじの原型富くじ発祥の地。ということで一口買ってみました。



                    干支ごとに山になっていて、好きな番号のシールを選びます。下の部分を木札に貼って箱の中に入れます。とりあえず私は自分の干支の戌から適当に良さげな番号を選びました。

                    抽選まで時間があったのでおみくじとお守りを購入。



                    わーお、久々凶を引いたよ(苦笑)さすが前厄。

                    そんなことしてる内に富くじの抽選の時間になりました。



                    最初に宮司さんがお祓いをしてくれます。(我々も)



                    最初と途中木札をかき混ぜます。



                    お子さんもわらわらとかき混ぜてます。



                    抽選は昔と同じく木札を突きます。最初だけ宮司さんがやって、後はお稚児さんがやってました。

                    もちろん私は一口しか買ってなかったので当たりませんでしたが、賞品を見てびっくり。基本的にでかいんです。
                    米5キロとかカップ麺一箱とかはまだ序の口、ビール2ケースとか巨大な絵画とか自転車とか。1番大変やなと思ったのが米60キロΣ(゚д゚lll)30キロが2つなんやから1個ずつ当たればいいのにまとめんでも…(ーー;)当たったのは若いお母さんでしたが結局どうやって持って帰ったんでしょうね…。
                    楽しかったけど、車で来てる人じゃないと参加するの難しいかなぁ。

                    屋台もたくさん出てたしライブもあって中々楽しいお祭りでした。
                    | 徒然日記 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                    文通始めます。
                    0


                      2017年前々からやってみたかったことの1つに文通があります。
                      最大の問題は誰と、ってところなんですよね。1人と文通したいのに、大々的に宣伝して万一応募がいっぱいきたら大変だし…と思ってずっと燻っていました。

                      その想いをブングスキーのコラムに書いてみたところ、すぐに文通相手が見つかりました(苦笑)
                      となると、普通に文通するだけでは勿体無い(?)と思い毎度何かしらサプライズを仕掛けてみることにしました。
                      サプライズとドッキリは似て非なるもの。ちょっとクスッとするものを目指します。
                      さてさてどうなることやら。楽しいことになりそうです。
                      | 徒然日記 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                      このページの先頭へ